よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

仕事

売れない営業の特徴は共通しています。自分にも他人にも気配りが必要な話。

投稿日:2019-07-14 更新日:

売れない営業の特徴は共通しています。誰でもできる改善方法の話をします。

売れない営業ほど辛いものはありません。

売れない営業は社内でも居場所がなくなったり、肩身の狭い思いをします。結果をだせば仕事も楽しくなりますが、結果がでないうちは仕事はつまらない、辞めたい、モチベーションがあがらないという悪循環に陥ります。誰しもそういう状態から抜け出したいと思うはずです。辛い状況から抜け出したいけど方法が思いつかないのも世の常です。

この記事で、売れない原因は至ってシンプルで自分で作りだしている可能性があることを学びましょう。いくつか特徴をあげますので思い当る節がある人は今すぐ直して、売れない営業から売れる営業へ変身しましょう。ちなみに全て誰にでもできる簡単なものです。ただ、やるかやらないかで営業成績は大きく変わってきます。

誰にでもできるものほど実践しない人が多いです。今すぐに実践して周りとの差別化を図りましょう。

売れない営業の特徴を考える

売れない営業の特徴の前に、まず売れる営業とはどんな人かを述べていきます。

トークがうまい、気配りができる、商品知識がある、人柄が良い、親近感がある、といったことが挙げられます。

では、それぞれみていきます。

売れない営業にできていなく売れる営業にできていること

まず、トークがうまい人は大体売れています、だけどトークがうますぎてもダメなケースもあります。理由は怪しいからです。調子いいことばかり言って嘘くさいと思ったことはあるはずです。営業トークはうますぎてもダメなので、この場合は営業マンがどのような人物であるか、つまり人間性を見られます。結論、営業トークはうまくなくでも問題ありません。人間性がものをいう世界です。

次に、知識があるのは提案されているお客さん側からしたら何でも知っていてすごいといった印象を与えます。お客さんから聞かれたことを会社に持ち帰らずにその場で答えて解決なんてしたら信頼関係が構築されてきます。私がお客さんだったらそう感じます。

気配りができる・人柄が良い・親近感がある、というのは全て人間性で一括りにできます。営業トークのところでも述べましたが、営業とは最終的に人間性が問われます。商品が良いから買うという方ももちろんいますが、商品が普通でもあなたが言うなら買うわ、というお客さんも大多数存在します。人間性は重要です。

と、売れる営業の特徴から考えていきましたが、まず簡単にいえば売れない営業の特徴は今紹介した特徴が備わっていないといえます。それだとざっくりしすぎているので細かく述べていきます。

売れない営業がしている行動

営業トークがうまくなくてもいいですが、話し方や立ち回りはとても重要です。相手に与える印象がそこで決まるからです。

ぼそぼそと話したり、いつも顔がこわばっている、自分の話したいことばかり話すのはNGです。

声はほどよい大きさではっきりと出すのは当たり前です。自信の無さそうな人からは買いたくありません。顔がこわばっているのはお客さんに不信感を与えます。笑顔は不安感を取り除いてくれる力があります。笑顔も必須です。あと売らなきゃいけないという思いが強く商品のことをひたすら説明する人もNGです。お客さんの悩みを聞いて、悩みを解決できると思えば紹介すればいいです。もし悩み解決できないケースであってもお客さんの話を聞いた後に「実は紹介したいものが・・」と切り出すことで別の話の展開になることもあります。つまり自分が話したいことは後回しでお客さんに話してもらいましょう。

立ち回りについてもう少し深堀していきます。

営業は空気を読む力が必要です。お客さんは忙しい中、話を聞いてくれるかもしれませんし、すごい不機嫌かもしれません。正常な状態で提案を聞いてくれる状況ではない可能性がほとんどなので、自分は今日これを提案すると思っても空気次第では引くことも必要です。そういうときはまた改めて来ます、資料だけ置いていきますので見ておいてくださいくらいで十分です。時々、忙しそうなのに強引にゴリゴリ営業する人がいますが、不信感を煽ってしまい今後の営業がしづらくなるのでやめましょう。

自分も見つめなおす

気配りや人柄、親近感については立ち回りのところと内容がかぶる部分もありますが、相手に目がいきすぎて自分のことが疎かになっている人もまた売れない営業の特徴になります。

自分のことが疎かになっているとは、身だしなみです。スーツがよれよれであったりタバコくさかったり、靴が汚い人はもう論外です。相手に気配りができる人は自分に対しても気配りができる人です。身だしなみ1つで相手に不信感を与えるには十分すぎます。買ってもらえるものも買ってくれなくなるので自分の身だしなみにも気をつかいましょう。

相手に与える印象はまず第一印象です。自分のことに気を使えている人はちゃんとしているんだなという気持ちにさせます。細かいことにまで気づける人こそ、売れる営業です。

自分の意識を変えて行動を変えて習慣を変えれば結果はついてきます。

<自分の身だしなみを整えるグッズ>

➀靴磨きセット

➁靴磨き(簡易的)

③エチケットカッターセット(耳・鼻・顔全て対応)

④エチケットカッターセット(顔のみ)

⑤スチームアイロン(ハンガー掛け)

⑥スチームアイロン(通常)

売れない営業のまとめ

まとめると売れない営業の特徴は相手に不信感を持たれる人です。相手に不信感を与えない人とは人間性がしっかりしている人が当てはまります。営業トークがうますぎない、声が小さい、ボソボソ話す、空気を読めない、身だしなみがダメ、全て相手に与える印象を悪くします。相手に与える印象が悪ければ商品は売れません。

立ち回りについては経験を通じて改善できますが、場数もある程度必要なので比較的時間がかかります。売れない営業の期間が長くなることは不本意です。誰しも早く結果をだしたいと思うはずです。今すぐにできることから改善することをおすすめします。

 

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

固い握手

営業で必要なスキル、心得について話します。

このブログは営業で悩みを抱えている人に向けたものでありますので、すでに結果のでている人は見ないでください笑 営業をしている人でこんな悩みを抱えている人はいないでしょうか?   ・営業は辛い ・営業は楽 …

紙ヒコーキと青空

成功する人は独自の答えをもっているけど万人に当てはまるとは限らない件。要は自分で道を開くしかない。

成功する人は成功した方法やノウハウを色々提供してくれます。 私も有り難くネット上に転がっている有益な情報に日々目を通し勉強させてもらいながらブログに向き合っています。それが近道だと思っているからです。 …

ひらめきと鉛筆

物事がうまくいかない時は素直に状況を受け入れましょう。流れに逆らうと辛いだけです。

  物事がうまくいかない時にどのような行動をとるべきかについて述べていきます。   そこで、私が経験した「数少ないちょっと良い出来事について」についての話も織り交ぜながら展開していきます。   といっ …

コミュニケーション

受け答えが下手な人は自分の言いたいことしか考えていないからです。質問の意図を考えれば解決します。

仕事をしていても普通に話していても、この人、受け答えが下手だなという人がいます。受け答えが下手だと職場では仕事できないなと思われたり、人間関係が円滑にいかないといったデメリットが多分にあります。 自分 …

仕事が覚えられない

仕事が覚えられないと辛いですが割り切ることも重要です。簡単な対策もあります。

仕事が中々覚えられない、会社に迷惑をかけたくないという人向けです。 仕事が覚えられないから辞めたい、つらいという人はちょっと待ちましょう。仕事が覚えられないけど何とかしたいと心の中で思っているのなら、 …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ