転職

転職ではアピールポイントが重要です。ただ、自分よがりのアピールがほとんどな件。

投稿日:2019-12-06 更新日:

 

転職活動は自分のアピールポイントを明確にして、自分を採用することによるメリットを伝えてあげるといいです。

 

こういうと簡単なのですが、そもそも自分のアピールポイントって何か難しいですよね。

 

そこで、今回は転職活動をする際に、何をどうアピールすればいいのか、アピールポイントが何なのかわからないといった人を対象に記事を書いていきます。

 

自分のアピールポイントを明確にして、それをどう伝えていけば転職がうまくいくのかを理解してしまいましょう!

 

転職のアピールポイントはどうしたらいいのか?

 

転職のアピールポイントを考える前に、まず企業はどういう人材を求めているのか、についてです。

 

これは、年齢によって求める人材の根本部分は変わってきます。

 

第二新卒とか若い人であれば元気の良さとかコミュニケーション能力を面談のやりとりを通じて見られていますし、

 

30代以降であれば、コミュニケーション能力も大切なのですがそれよりも実績や経験値を見られることになります。

 

そして、自分が転職で何を達成したいかによりますが、これまでのキャリアを通じてできることと自分のやりたいことは必ずしも一致しないケースがあります。

 

例えば、転職によって年収をアップさせたいという目標があった場合、達成するにあたって可能性の高いのは、言うまでもなく「今までの経験を活かせる職に就くこと」です。

 

ある程度年齢を重ねている人が、未体験の業種や職種に就きたいけど年収もあげたいと思っても転職活動がうまくいく可能性は残念ながらゼロに近いです。未経験の人をとるなら若い方を取るからです。

 

なので、まずは自分のアピールポイントを考える際には「若さや元気」なのか「経験や実績」なのかを明確にすることから始めましょう。

 

次に、考える必要があるのは、「自分のアピールポイントと企業の求める人材が一致しているのかどうか」ということです。

 

営業をしていれば相手のニーズが何なのかを考える習慣は嫌でもついているはずなので、問題ないかと思いますが、営業に従事したことない人は相手のニーズが何かを考えることに慣れていません。

 

そうすると、面接時に自分よがりのアピールポイントを延々に伝えることになり、企業のニーズに即していないという事態が生じてしまいます。

 

結果、不採用になってしまいます。

 

それを防ぐために、自分のアピールポイントを考える際には、まず自分がこれまでやってきたことを箇条書きにして紙に書き出してみましょう。

 

そして企業の募集要項をみてどういう人材を求めているのかを知ることです。

 

あとは、業種や職種的にどういう仕事なのか、どういう結果が求められているのかを追及して考え抜くことです。

 

最終的には、その会社がどういうビジネスをして利益を得ているのかまだ落とし込めることができたら十分です。

 

会社は売上や利益をあげて、その利益を元に給与や福利厚生として支給してくれます。

 

「自分が入社することで、これだけ売上や利益に貢献できます」ということを会社の求める人材(ニーズ)に合致させてアピールできれば即採用になります。(・・はずです!)

 

1つ注意点があります。

 

自分のアピールポイントが企業の求めるものと一致していない時には、諦めた方がいいのかといえばそれはまた別ですよ。

 

自分から匙を投げて諦めるのはもったいないです。もしかしたら企業側が何かしらのメリットを感じ取ってくれて採用してくれる可能性があるからです。

 

採用するかしないかを決めるのは自分ではありません。あくまでも企業側です。

 

なので、アピールポイントを考えてく中で、「きっとダメだから違う会社受けよう」ではなくてまずは受けてみることをおすすめします。

 

まとめ

 

以上、転職とアピールポイントについて述べてきました。

 

アピールポイントを探すのは難しいですが、それは自分のことを客観的にみる機会がないからです。

 

ただ機会がないから難しく思うだけなので、悩んで考え抜いて自分のアピールポイントをまとめてみましょう。

 

-転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

証券会社 株式市場

証券会社への就職はおすすめ?営業は控えめにいってきついです。

証券会社の営業を2年ちょっとやっていました。私が証券会社で働いていたのは10年前ですが、これから証券会社へ入ろうとしている人のために私の体験談を記載してみます。証券会社への就職を考えている人は参考にな …

外資系 メーカー

外資系の医療機器メーカーの年収は高いです。ただし年収だけでとびつくのは危険です。

  外資系の医療機器メーカーは年収が高めなため、とびつく新卒者や転職者が多いです。   かくいう私も何度か誘惑に負けそうになったことがあります。   同じ働くのなら年収が高い方がいいに決まっていますか …

医療業界 今後

医療業界の今後をちゃんと理解しましょう。本当に安定してるの?

医療業界の今後はどうですか? ときくと、病院はなくならないから安定している、と恐らくほとんどの人がいいます。 でも、病院がなくならない根拠を聞くとほぼ全員が無言になります。 病院が安定していることに根 …

できる事とできない事

できる、できないを明確にしないと転職してもうまくいきません。

  転職する上で自分は何ができるのか   そして、何ができないのか   この2つを明確にすることは必須です。   転職する上で未経験OKという求人案件は沢山あります。第二新卒という枠ができてからかなり …

机の上にある本

転職するときは住民税に気を付けましょう【高い】

会社を辞めたい・・・ 転職したい・・・ 理由はひとそれぞれです。人間関係、勤務時間、給料、社内の体制などなど。 辞めたいときはだれにでもある・・・と思います。 私はよく辞めたいって思っています。(えば …

30代のサラリーマンです。ダイエットについての情報発信や資格勉強頑張っています。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

PVアクセスランキング にほんブログ村