よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

ダイエット

スクワットは痩せない?痩せない理由とダイエット時のメリットについて紹介します。

投稿日:2019-11-30 更新日:

筋トレというと、最近ではジムに行くのが主流なので器具を使って腕や全身の筋肉を鍛えたりします。負荷をかけると筋組織が破壊され、超回復を経てより強く太い筋肉が構築されるといった過程がそこには存在します。

 

ジムへ行くと重いバーベルも数種類あり、それを使ってスクワットを行う人もいます。スクワットはバーベルを持たなくても家でも普通にやれば割かし太ももがプルプル震えるくらいには負荷をかけられるので、下半身の筋肉は鍛えることができます。

 

ただし、スクワットはバーベルを持たずにやってもけっこうきつかったりします。30回とかある程度回数をやると下半身がきつくなるので、やった気になりがちです。

 

ダイエットをしている人で筋トレメニューの中にスクワットを取り入れている人も少なくありません。

 

よくあるのは、スクワットそのものに大幅な体重減を期待すると結果が伴わないので辞めてしまうことです。つまり、スクワットをしても中々痩せないのでやめちゃうんですね。

 

これは非常にもったいないです。ダイエットするには筋トレをして基礎代謝量を増やすことが必須です。「筋トレとダイエット」という内容の記事を以前かいているので参考にしてほしいのですが、ダイエットするなら筋トレはした方がいいです。

 

しかし、スクワット自体に大きな効果は伴わないので、それを知らないとやめてしまいます。成果が現れないと不屈の精神を持っていない人でない限り、誰でもやめてしまいます。

 

そこで、今回は「スクワットは痩せない」というテーマで記事を書いていきます。

 

以下からは、スクワットが痩せない理由や目的を変えて実践していく必要性について触れていきます。

 

スクワットは痩せない理由

 

スクワットが痩せない理由ですが、私の主観的な意見ではなく数字が証明しています。

 

数字とはスクワットをすることによって消費されるカロリーの値なのですが、これを見てもらえればわかります。

 

EXTRY」というサイトでスクワットについて詳しく触れられています。今記事の内容は同サイトを参考にさせていただいております。

 

これによると、スクワットを1回行うことによる消費カロリーは0.4~0.5キロカロリーと言われています。

 

0.4!?(゜o゜)

 

痩せるためには何回やらなければいけないんだ!と数えると果てしなくなりますね。

 

ちなみに私が10kmランニングをして消費されるカロリーが650キロカロリーになります。1時間スクワットしたら何回できるのか定かではないですが、1時間で1,600回以上やれば同等のカロリー数となりそうです\(^o^)/

 

かなり現実的ではない数字がたたきだされてしまいましたが、このようにスクワットが痩せないといわれている理由は消費カロリー数が少ないことが大きな要因となっています。

 

では、ダイエットするならスクワットをしない方がいい!となりそうですが、そういう訳ではありません。

 

ここからは、ダイエット中にスクワットをするメリットについて紹介していきます。

 

ダイエット中にスクワットをするメリット

 

スクワットをするメリットは以下の通りです。

 

・ヒップアップ

 

・基礎代謝が上がる

 

・お腹を引き締める

 

スクワットは20回~30回やっただけでかなりきついです。きついということは筋肉にかなりの負荷がかけられているということなので、筋量もアップします。つまり基礎代謝があがるということにつながります。

 

あと、スクワットはお尻の筋肉である大殿筋やハムストリングスといった太ももの裏側の筋肉を鍛えることができます。

 

お尻の筋肉は年齢を重ねると重力に負けて垂れ下がってくるのでスクワットをすることによって予防ができます。

 

最後に、スクワットは骨盤が矯正されるので自然とお腹が引き締まる効果も期待できます。

 

このように、スクワットは消費カロリーは少ないですが、ダイエットするにあたってのメリットが全くないという訳ではありません。

 

「スクワットはきつい割に痩せない」と考えて辞めてしまうのではなく、痩せ体質をつくるために効果的と考えてダイエット時には取り入れることをおすすめします。

 

まとめ

 

以上、スクワットは痩せない理由とメリットについて述べてきました。

 

スクワットをするときにありがちなのが膝を曲げるときに腰も曲げてしまうことです。

 

これをやると腰を痛める原因になりかねません。

 

膝を曲げるときに背筋を伸ばし、腰が曲がっていないかに注意しながらやってみてください。

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

朝ごはん

ダイエット中でも朝ごはんをがっつり食べる人が多い件。

ダイエットしているから朝ごはんは食べない!   という意識の高そうな人に限って夜ご飯を食べてしまっていることが多いのは事実です。   もちろんそうでない人もいますが、意識高く節制できる人ばかりではあり …

バターコーヒー 効果

バターコーヒーでダイエット!痩せないのか検証してみました。

  バターコーヒーの効果と作り方について述べていきます。   バターコーヒーは芸能人の間でもダイエットの効果があるといわれて、実践している人も多いです。   バターコーヒーを朝に飲んで、1食の代わりに …

ランニングしている

ランニングは本当に痩せる?どのくらい期間が必要?という問題に答えます。

  ダイエットのためにランニングをしているけど中々効果がでないという方やランニングって痩せるの?と不安を持っている方向けの記事になります。   ランニングで痩せるために必要なのは距離や時間かどうかにつ …

ロングブレス ダイエット

ロングブレスってダイエットに効果あるの?について検証しようとした結果・・・

  ロングブレスダイエットは一時テレビをはじめメディアで取り上げられることが多かったように思います。   簡単にいうと、ロングブレスはインナーマッスルを鍛えて代謝を上げる効果があります。代謝が良くなる …

no image

ダイエットと睡眠の関係性についてです。寝たら痩せます!

  ダイエットするなら睡眠をたくさんとる必要があります。   ダイエットと寝ることがどういう関係を持つのかは、中々イメージできないというか直接的に関係はないと思われがちですが、そんなことはありません。 …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ