仕事

睡眠不足は危険?体への影響を理解して睡眠不足を解消しましょう。

投稿日:2019-09-08 更新日:

現代人という括りがどの年代を指すのかは置いといて、現代人は睡眠不足が顕著であると言います。

厚生労働省が2014年に発表した「健康づくりのための睡眠指針」の中で1日の平均睡眠時間について触れています。

そこでは、日本の成人の睡眠時間が6時間以上8時間未満が6割を占めていることから、その時間帯が標準的な睡眠時間と考えられるという記載があります。

なので睡眠時間で~時間以上寝るように!というような推奨されている時間はないことになります。

睡眠不足かどうかについての判断は上記の標準時間は睡眠時間を確保できているのに、翌日の体が辛かったり疲れがとれていなかったりすれば、それは睡眠不足であるといえます。

睡眠不足がどれほど危険なのかよく理解していない人が多いと思うので、ここでは睡眠不足が招く危険性を体への影響という点に着目して以下より述べていきます。

睡眠不足は危険?体への影響は?

国が発表している人口動態調査では、がん・心疾患・脳血管疾患等の生活習慣病で死亡する人は国民の約6割であるといわれています。

これらの病気は日々の生活習慣に大きく関わっており、その中には睡眠も深く関係しています。日常的に睡眠時間が浅い人、睡眠時間の長い人でも、死亡リスクが高まります。睡眠時間は長すぎてもダメなんですね。

このことからも自分の睡眠に対してはもっと関心を持ち対処することが求められていますが、睡眠を軽視している人は少なくありません。

また、睡眠不足になると、生活習慣病のリスク以外にも注意力が低下してしまったり、作業効率や生産性を下げてヒューマンエラーの原因にもなり得ます。

そして身体愁訴・不安・抑うつ・被害妄想が発生し、心の健康を保つ上で重要な認知機能の低下が生じることが研究で明らかにされています。

脳の前頭前野や大脳辺縁系といった感情調節や遂行能力を司る機能を低下させ、ストレスホルモンであるコルチゾルの分泌量を増加させることも明らかになっています。

睡眠中については、「睡眠時無呼吸症候群」という言葉は聞いたことがある人が多いと思います。

睡眠時に息の通りが悪くなり呼吸が止まってしまうという怖い症状ですが、症状を放っておくと高血圧・虚血性心疾患・歯周疾患・脳卒中・不整脈・糖尿病といった病気につながる危険性もあります。

病気になるリスクもあり、呼吸が止まる影響で睡眠の質にも影響があり疲れがとれないといった体の不調の要因の1つにもなるので注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群と運動についての相関関係を明らかにしている研究もあり、運動時間が短いほど睡眠時無呼吸症候群の重症度が重くなります。

適度な運動は良質な睡眠を取るという意味においても非常に重要なファクターです。

睡眠不足を解消する方法

良い睡眠のためには、環境作りも重要になります。寝室や寝床の温度や湿度は寝つきや睡眠の深さに関係します。自分の心地よいと思う温度設定を覚える必要があります。

また、枕がちゃんと合っているかなど寝具に気を付けることも覚えておきましょう。

睡眠時間については、人によって適切な時間は変わってくるので6時間~8時間を目安にまずは寝てみて、翌日に疲労や倦怠感が残るようであれば睡眠時間を伸ばしてみるといった試行錯誤をする必要があります。もしかしたらショートスリーパーの人にとっては6時間だと長すぎるという人もいる可能性もあります。

また日頃の睡眠不足を休日にまとめて寝て解消しようとする「寝だめ」については睡眠不足を解消する解決策になりません。むしろ、たくさん寝ることによる生活リズムの乱れの方が体に悪影響になります。寝だめではなく昼間に15分ほど昼寝をすることで仕事の作業能率の改善につながることを知っておきましょう。

睡眠不足の時にやってはダメなこと

・就寝前の喫煙、カフェイン摂取、寝酒

・睡眠薬の常備摂取

・お風呂の温度が高すぎること(40℃くらいが最もリラックス効果が高い)

・朝ごはんを食べない

・寝る前のスマホ・ゲームをする

・朝日を浴びない

上記を徹底すれば睡眠不足が完全に解消されるということにはなりませんが、知識として知っておくにはいいと思います。

まとめ

以上、睡眠不足が招く危険性について述べてきました。私も睡眠について十分な時間を確保できていなかった時は、体調が悪く家からでたくないといった倦怠感に襲われることも多かったです。それからは記事で述べたようなことに気を付けながらやることで徐々に睡眠不足が解消されていきました。参考になれたら幸いでございます。

 

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仕事ができない人の特徴

仕事ができないという人の特徴をあげていきます。逆に当てはまらなければ仕事ができるようになります。

仕事ができないという人の特徴についてツラツラと書いていきます。定年年齢が引きあがっていたり、医療の質の向上から人間の寿命が延びています。このことから人が仕事に従事する時間も多くなるといえます。仕事に従 …

ひらめきと鉛筆

物事がうまくいかない時は素直に状況を受け入れましょう。流れに逆らうと辛いだけです。

  物事がうまくいかない時にどのような行動をとるべきかについて述べていきます。   そこで、私が経験した「数少ないちょっと良い出来事について」についての話も織り交ぜながら展開していきます。   といっ …

仕事が覚えられない

仕事が覚えられないと辛いですが割り切ることも重要です。簡単な対策もあります。

仕事が中々覚えられない、会社に迷惑をかけたくないという人向けです。 仕事が覚えられないから辞めたい、つらいという人はちょっと待ちましょう。仕事が覚えられないけど何とかしたいと心の中で思っているのなら、 …

マイペース 仕事

マイペースに仕事をする人が組織にもたらす悪影響について述べます。

マイペースに仕事をする人って組織にいると1人や2人は必ず存在します。   マイペースというと聞こえはいいのですが、見方が違えばそれは「自己中心的」になりかねません。   必ずではないですが、マイペース …

バイト

コンビニバイトはきつい?経験者が余すことなく語ります

高校生もしくは大学生でバイト何するかなーって悩んでいる人へ向けています。 私は今でこそ30代真っ盛りのおっさんではありますが学生時代は色々なバイトをやってきました。カメラ屋、派遣(軽作業)、新聞社アン …

30代のサラリーマンです。ダイエットについての情報発信や資格勉強頑張っています。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

PVアクセスランキング にほんブログ村