よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

転職

仕事を辞める時は慎重に考えよう。辞めるリスクもあります。

投稿日:2019-02-09 更新日:

社会人になり早10年、もう少しで11年が経とうとしています。

働いてお金を稼ぐというのはこうも大変なものかとつくづく思います。

結果をだすために燃えるときもあれば、なんか手につかないときもある。そん

毎日の繰り返しです。

転職を2回経験して思うのは、このままだと無限ループに迷いこんだままにな

るのではないかという不安です。

仕事辞めるか→辞めてどうする→やりたいことは?→新しい環境になじめなか

ったら・・・→ん~、続ける!?

悪循環!!

しつこいですが私転職を2回経験しているんですね。

こうなると次の仕事場に対する期待値は低くなります。そして、今の職場は7

年くらい勤めているし30代半ばに差し掛かろうとしているのに、新しい職場

はどうだろう?

悩んでも答えはでないのですが、そんな悩みを抱えながら毎日

転職サイトを見ています笑

そこで、一旦何で仕事を辞めようとしているのか理由を挙げることにしてみま

した。

 仕事を辞める時は慎重に行うべき

まず一般的な理由をみてみましょう。

  1. 職場の人間関係が合わない。
  2. 仕事が辛い。(終業時間が遅いなど)
  3. 上司と合わない。
  4. 給料が低い。(待遇がよくない)
  5. やりたいことが他にある。
  6. 会社の体制が理解できない。
  7. 退職者が多い。

こういったことでしょうか?

これ書いてて思ったのですが、3番目に「上司と合わない」って書いた自分。

本質はそこか!笑

よく3番目に人間は本音がでるといわれますもんね。あーそうだよな。

あ、すみません。この話は後程として。

5はプラス的な意味合いになるのですが、1~4はマイナスですね。

人間関係がよくないのはキツイですね。私はここは該当していないです。

まあそれが決断するのを悩ませている部分にもなりますが。

仕事も辛くはないが楽しくはないです。会社の体制も理解に苦しむし、退職者

が多いとテンション下がるし将来性ないなーとか思う。

給料も・・・高くはない!もっと評価してほしい。

上司とアワナイ・・・

もうこれです。

コミュニケーションとれていないですね、仕事上はとっていますが、それ以上

は特に。同じフロアにいるのに無言無言。

圧すごいし、不機嫌だし。周りと協調性持たない。溜息や愚痴はブツブツ。

そういうところ見ると尊敬できる部分がちょっと見当たらなくなってしまい

ます。部下の前では自重しないといけない部分なのかなと私は思います。

仕事を辞めるリスク

じゃあ、辞めるうえでリスクってなんでしょう?

これは年齢でも変わるかと思います。

やりたいことがある人はすぐにでも動けるときに動かないと、後々動けなくな

るというリスク、年齢を重ねてしまうと自分の市場価値が下がってしまうリス

クがでていてしまいます。

こういう人はすぐにでも動く!!

自分はこのケースには該当しないというか、やりたいこともなくもないけど経

験もないし実質動いても採用してもらえる可能性はないかなという自己分析。

そのために資格でも取る?→時間が経過→より市場価値がなくなる。

ここでも負の連鎖発動!

でもこういうことを考えてしまっていますね。独り身でもないし、転職も2回

している、もう失敗はできない。自ずと慎重になっている自分は理解していま

す。

私は20代の時は即動きました。

結果良かったと思います。1年でクビになりましたが笑

まあ若いうちにそう経験できることではないし、(実際周りに1人もいない)

転職活動する上でよく考えないといけないというノウハウを本当の意味で持つ

ことができました!(無駄にポジティブ)

あ、いつの間にか辞めるリスク2つ目の話をしていました。失敗するリスクで

す。これは考えても仕方ないことだとは思いますが実際考えますよね。

誰もが失敗したくないと思うからです。

2回目の転職をしたときに今の職場にお世話になっておりますが、これは結果

として成功かなとは思っています。(辞めようとしているが)

今までは2年ちょっと、1年と短期間しか同じ会社にいなかったのが現時点で

7年以上働いているし、もしかしたら今後もずっと働くかもしれません。

まとめ

転職検討している方の境遇って様々だと思います。

私の場合はこれまで3社とも中小企業ですので、大手企業に属している人の

悩みってそんなに理解できていないと思います。

なのでどちらかというと中小企業に属している方の悩みなら共有することも可

能なのかなと思っています。

大手企業に行きたいと思っていた時期も私にもありました。だって待遇とか

全然違いますもん。うらやましいけどいけなかったのは自分の責任なので、

今はそれ以外で最善の道を進むべく日々勉強です。

今は転職経験がないと「この人は順応性ちゃんとあるのかな?」って思われる

ようです。時代は変わりましたね。かといってあまり多いのはいまだに印象は

悪いのでしょうが。

 

-転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職 アピールポイント

転職ではアピールポイントが重要です。ただ、自分よがりのアピールがほとんどな件。

  転職活動は自分のアピールポイントを明確にして、自分を採用することによるメリットを伝えてあげるといいです。   こういうと簡単なのですが、そもそも自分のアピールポイントって何か難しいですよね。   …

年収 下がる

転職をして年収が下がっても、やりがいを求めた方が長期的にはいいです。

転職をすると年収が下がるケースがあります。 20代後半から30代で転職をする人は同じ業種・職種で探せば即戦力採用される可能性もあるので年収は上がることもありますが、第二新卒で転職したり未経験の職種での …

退職 タイミング

退職のタイミングはいつ?早めに言いつつ、もらえるものはもらいましょう。

  退職する時のタイミングっていつがベストなんだろうと悩んだことがあります。   早く辞めたい気持ちはありつつも、今辞めてしまうとボーナスがもらえなかったり、住民税の請求がまとめてきたり、会社から引き …

本とペン

仕事の適正診断ってどこでできるの?転職する前に自分の市場価値を知っておきましょう。

仕事の適正や自分の市場価値ってどのくらいなんだろう って思った方いませんか? 私は何度か考えたことあります。 毎日朝早くから遅くまで働いていて数字も生み出しているのに 給料と見合わないんですけどー っ …

人生の分かれ道

仕事選びで失敗したのは基準が明確になっていなかったからでした。

ブログネタを考えるために、自分のこれまでの出来事を棚卸していました。 すると 失敗ばかりやないか!!! と思わず自らツッコみたくなるくらい失敗エピソードばかり。 若いうちの苦労は買ってでもしろ、とは言 …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ