よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

仕事

仕事のストレスが体調に支障をきたしていると判明してすっきりした話。

投稿日:2019-11-25 更新日:

仕事のストレスを溜めすぎると何もよくないという話です。

 

仕事のストレスは大なり小なり、誰もが抱えているものです。

 

ストレスがない方がいいですが、ストレスがなければ仕事で悩む人もこんなに多くないことでしょう。

 

朝の満員電車は大勢の人がいるので、みんなピリピリしています。中には朝から喧嘩する人もいる始末です。

 

そんなストレス社会の日本社会の中で、ノーストレスの人がいるなら本当に羨ましいです。

 

私は嫌なことがあれば基本我慢して、溜めこみます。溜めこみっ放しもできなくないかなと思っていたのですが、溜めこむのはずっとは無理でした。

 

ある時、自分を保てなくなって爆発してしまうんですね。

 

爆発させてしまうのも周りによくないので、対象者と1対1の時にしか爆発しないのですが、それにしても相手からしたらいい迷惑には違いありません。

溜め込むんで爆発するのもいけませんが、溜めこみまくるのも身体によくないことがわかっています。

以下で参考になったサイトを紹介しつつ、仕事のストレスが体調に及ぼす理由について紹介します。

 

仕事のストレスが持続的だと体調不良待ったなしな理由

 

ストレスとは和訳すると、「緊張」という意味になります。

 

つまり、ストレスは翻訳通り、緊張したり、頭が真っ白になったり、パニックになったりすることをいいます。

 

ここで、ちょっと学術的な話を紹介します。

 

ストレスを受けると脳の底部にある視床下部が反応して、下垂体と副腎からのホルモン分泌が促進されます。そして、心拍数が増加したり、血圧が上昇、食欲の低下が生じることになります。

 

また、ストレスは高度な精神機能を奪ってしまうことがわかっています。感情や衝動を抑制している前頭前野の支配力を弱め、不安を感じたり、普段は抑えている衝動に負けたりします。

 

普段は抑えている衝動とは、暴飲暴食であったり浪費を指します。

 

前頭前野は大脳皮質の約3割を占め、脳の中でも高度に進化した領域になります。つまりめちゃめちゃ重要な部分です。

以下は東洋大学生物学科のホームページより引用になります。わかりやすく書いていますのでご紹介させていただきます。

 

ヒトを対象とした研究により、ストレスに対する脆弱性は遺伝的背景や過去のストレス経験などが原因であることが分かっています。

ドーパミンとノルアドレナリンによって高次認知に必要な前頭前野の回路が停止しても、通常はこれら神経伝達物質の分解酵素が働くため、機能停止は長くは続かず、ストレスが軽減すれば元の状態に戻ります。

しかし、遺伝的にこれらの酵素の力が弱い人はストレスに弱いようです。さらに、慢性的なストレスにさらされると、扁桃体の樹状突起(神経細胞から枝状に伸びて信号を受け取っている突起)が拡大する一方、前頭前野の樹状突起は萎縮します。

ストレスがなくなれば、前頭前野の樹状突起は再生しますが、ストレスが非常に強い場合には回復能力が失われます。前頭前野の萎縮は、過去のストレス体験と関連していることも分かってきました。

ストレスによる脳内変化が生じると、以後のストレスに対してさらに脆弱になり、うつ病や依存症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの不安障害につながると考えられています。

 

というように、ずっとストレスにさらされ続けていると前頭前野が脆弱になることで、うつ病や依存症を併発します。

 

仕事上でストレスを多く抱えていると、ストレス要因が単発的なものであれば回復するので問題ないのですが、ストレス要因が長く続くものであるなら要注意ということになります。

5年間ストレスにさらされ続けている自分ピンチ(゜o゜)

 

ちなみに別でストレスと脳について述べているサイトがあります。

「みんなの家庭の医学 コミコミクリニック アーカイブ」というサイトでストレスを感じているかどうかがわかる項目を挙げていました。以下の項目で2つ以上該当する場合、ストレスを感じている脳といえます。

https://www.asahi.co.jp/hospital/archive/broadcast/2012_0515.html

 

・吹き出物がでやすい

・身体がだるい

・頭痛が頻繁に起こる

・肩や首のこりが取れない

・よく眠れない

・便秘や下痢をしやすい

 

サイト上では、ストレス脳である人が急増している点や、ストレス脳になりやすい行動が何かということについて触れています。気になる方は上記URLからサイトを覗いてみてください。

 

まとめ

 

仕事のストレスについて、溜めこむとどうなってしまうのかについて述べてきました。

 

つまり、ストレスが長く続くようでしたら我慢はいけないということがわかりましたね。

前頭前野はストレスが続くと脆弱になり、そこからうつ病や依存症を発症してしまうリスクがあることについては本文内で紹介しました。

 

私はかれこれ5年もストレス状態が続いており、体調不良が続いている理由も何となくわかりました。仕事での継続的なストレスにより脳が脆弱しているのが1つかなという感じです。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仕事ができない人の特徴

仕事ができないという人の特徴をあげていきます。逆に当てはまらなければ仕事ができるようになります。

仕事ができないという人の特徴についてツラツラと書いていきます。定年年齢が引きあがっていたり、医療の質の向上から人間の寿命が延びています。このことから人が仕事に従事する時間も多くなるといえます。仕事に従 …

年始 目標

年始に目標を立てることで得られる行動と意識づけ以外のメリットは?

  年始になり今年の目標を立てた方もいるかと思います。   1年の始まりに新たな目標を立てると、「よし、やろう」という気持ちになりやすいです。   やはり物事を始めるにはきっかけが切っても切り離せない …

飲み会 嫌い

飲み会が嫌いすぎて悩んだ結果、生まれた逆転の発想。

会社勤めだと何かにつけて飲み会が多すぎます。 私は家が好きかつ超絶インドアなので、仕事が終わったらとにかくすぐ帰りたいです。 しかし、付き合いの悪い男と思われたくなかったり嫌われたくないという気持ちも …

仕事を好きになる

仕事を好きになるという視点をもつことも仕事を続ける上で大切です、という話。

好きな仕事につくということが何よりも素晴らしいことだと思うのですが、現実問題そういう人がどのくらい存在するのかは謎です。 かくいう私も好きなことを仕事にできていません。今でも好きなことを仕事にできたら …

性格 変わらない

性格は変わらないけど強い気持ちを持つことで行動は変えることができます。

性格は変わらない!   と断言してイキり倒している訳ではありません。   ただ、人の性格は中々変えることは難しいのは事実です。特に年齢を重ねていけばいくほど、よっぽど自分で強い気持ちをもたないと難しい …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ