よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

転職

転職をして年収が下がっても、やりがいを求めた方が長期的にはいいです。

投稿日:2019-07-20 更新日:

転職をすると年収が下がるケースがあります。

20代後半から30代で転職をする人は同じ業種・職種で探せば即戦力採用される可能性もあるので年収は上がることもありますが、第二新卒で転職したり未経験の職種での転職だと大体年収が下がってしまいます。ソースは私です。なので、転職すれば年収が必ずあがると思っている人は、年収があがらないケースもあるということを理解する必要があります。要は自分のやり方次第でどちらに転ぶかわかりません。

転職する際の基準として年収が最も大事と考えている人は、年収が下がらない方法で転職活動をすること、一方で転職の基準が年収以外の部分である人は、例えば年収が下がったとしても今の職場で不当な待遇を受けていたり、仕事がつまらないといった悩みがあるなら年収が下がったとしても転職をする方がいいでしょう。

私は転職して年収が下がった経験しかありませんが、劣悪な環境から抜け出してやりがいのある仕事をするという気持ちが強かったので、結果転職をしてよかったです。やりがいを求めた結果、今の職場が今までの社会人生活の中でダントツに長く働けています。1年~2年で仕事を辞めていましたが、現在は8年勤めています。私は経験を積むという意味では浅かったので転職して年収があがる要素が揃っていなかったといえます。ただし、人事部に色々聞くとわかったこともあります。

転職で年収が下がるケース、上がるケースを理解して自分が転職の軸となる部分を明確にすることでよりよい意思決定をすることができます。

早速、転職で年収が下がることについて触れていきます。その後は転職は年収だけでなくやりがいで選ぶことがなぜ重要かについて述べます。

転職して年収が下がるケース

転職で年収が下がるケースは基本今まで経験していない、つまり未経験の業種や職種で転職を考えている場合が該当します。採用する側も誰でもいい訳ではなく、経験者で会社への貢献度が高そうな人には年収も高く設定して採用します。しかし、未経験の人にはそういう訳にはいきません。何もできない人に高い年収を払うという企業があるとすれば、とてつもないホワイト企業かとてつもないブラック企業かのどちらかの可能性が高いです。まあブラックの方が多数派だと思います。

基本的に仕事を辞める理由がマイナスなものである場合(面接ではマイナスな理由はNGだが)、求職者は環境の変化が第一になっているため給与面での交渉は足元を見られ交渉する余地がなくなる可能性があります。年収が下がるのは避けたい人は足元を見られないような退職理由を考えないといけません。

あと、転職してシンプルに年収を上げたいということでしたら同一業種、同一職種で転職先を絞ればいいだけです。私は転職先は異業種、同職種であるため年収の交渉には不利な状況でした。結果、年収は下がることになりました。年収が下がるのは嫌だ、という人は未経験業種・職種ではなくこれまで経験したことのある仕事で探すのが近道です。

転職で年収が下がってもやりがいを求める

年収だけで転職先を考えると思わぬブラック会社にハマる可能性があります。短期的に給料を稼ぎたいと割り切ればいいですが、年収だけでとびつくと思わぬ落とし穴だったということもあります。年収とは労働の対価です。企業も何の見返りもないのに高い年収を払うことはまずありません。高い年収を払っているのだからたくさん働かせる、年収と相応の労働は求めるよ、というメッセージと受け止めましょう。

年収も高く労働条件がいいのは一部の大手企業のみです。大手企業の中でも年収は高いけど勤務時間が長いという例は少なくありませんが。よく、企業の求人募集要項に年収1,000万以上可とかありますので転職する際は安易に年収に飛び込むのは避けましょう。企業もいかにして求職者を確保するかということで日々頭を悩ませていますので、裏を読むことが必要です。好条件で求人をだしている企業は怪しいと思うことが取り越し苦労であればいいですが、企業はけっこうずるいので信頼しすぎない客観的な思考を持つことが重要です。

ではどうしたらいいのか。転職する際には、年収だけで選ぶのではなく、自分が本当にやりたいことかどうか、つまり自分にとってやりがいを求めることが長期的に働く上で必要です。長期的に働くことが可能になればキャリアも積むことができます。キャリアを積めるということは職務能力が身に付き年収も上がる可能性が高くなります。なので入社時の年収は今までと同程度か若干下がるけどキャリアアップも見込めて将来的に年収の上がるシステムをもつ企業を選ぶことです。

やりがいがあって、キャリアを積める会社を選ぶにはどうしたらいいのかというと、企業の選考が進む中で面接官へ質問する機会を利用することです。聞く内容は「キャリアはどういう流れで積んでいけるのか」「これから家庭をもって子供も養うことを考えており、生活に困らない給料は支給されるのか」「今働いている人の家族構成はどうで実際にやっていけているのか」を聞くと大体イメージすることができます。キャリアプランについては絶対に聞くことをおすすめします。中には何も考えていない企業もあるので見極めができます。

まとめ

転職して年収が下がるケースもあり、年収だけにこだわらずにやりがいを求める選択肢の方が長期的にみたときに良い選択である、という話をしてきました。

転職してステップアップが1番望ましいですが、中には業界を変えたい方もいるでしょう。そういうときには一時的に年収は下がることも考慮にいれつつ、キャリアプランは明確かどうか、給料は上がるのかどうかを選考時に確認することも必要です。

-転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

専門商社 年収

専門商社の年収ってどうなの?答えは利益率にありです。

  専門商社の年収ってどうなのかについてお答えします。   専門商社はエンドユーザーとメーカーの間に挟まれる、つまり仲介業者です。   メーカーとユーザーで直接販売すればいい、商社は必要ないという声を …

医療機器

医療機器の営業がきついかどうかは扱う機器で異なります。業界についてどこよりも詳しく書きます。

  医療機器の営業とネットで調べても当たり障りのないことしか書いてなく何も参考にならないので詳細に書いていきます。これを見ている方は医療機器の営業として就職、又は転職を考えていると想像します …

英字新聞とそれを読む人

仕事を辞める時は慎重に考えよう。辞めるリスクもあります。

社会人になり早10年、もう少しで11年が経とうとしています。 働いてお金を稼ぐというのはこうも大変なものかとつくづく思います。 結果をだすために燃えるときもあれば、なんか手につかないときもある。そん …

行動している人

転職活動の期間はどのくらい?経験者が語ります。

転職活動は働きながら行う方がいいのか、辞めてからがいいのか? 転職活動ってどのくらいかかるの? など、転職活動する時には働く会社もそうですが、活動自体どうすればいいのか迷います。私も迷いました。 私は …

外資系 メーカー

外資系の医療機器メーカーの年収は高いです。ただし年収だけでとびつくのは危険です。

  外資系の医療機器メーカーは年収が高めなため、とびつく新卒者や転職者が多いです。   かくいう私も何度か誘惑に負けそうになったことがあります。   同じ働くのなら年収が高い方がいいに決まっていますか …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ