よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

仕事

自己主張が強いのはいいけど強すぎることで自己制御できていない件。

投稿日:2019-09-15 更新日:

海外に比べると自己主張が弱いと日本人は言われていますが、最近はそうでもないです。

SNSをはじめとしたネット環境が著しく変化したこともあり、普段はどうか知らないですが少なくともネット上では自分の主張を強くしている人が多いです。

結果、炎上にもつながる訳ですが、自己主張が強くなりすぎていると個人的には認識しています。

ネットのおかげで個人の主張が簡単にできるようになったことで、実生活でも同じように主張したりするのが当たり前になってきており自分勝手という形に置き換えられて問題化していると考えます。

以下にツラツラと書いていきます。

自己主張が強いのはいいが、場はわきまえるべき

自己主張は時にマウンティングという言葉にもつながります。自分を大きく見せて自分の権威性を周囲にアピールする人が最近多いように見えます。特にSNS界隈はマウントの嵐です。

どちらも現実だと指摘されそうですが、ここでは現実世界とネットの世界で分類します。

現実世界でマウントを頻繁にすると嫌な顔をされます。自分もそんな相手がいたら敬遠してしまいがちですが、SNSでは当たり前にマウントが繰り広げられています。

SNS上ではマウントとることが普通のようになっており、非常に多くの人がマウントをとりたがります。マウントは自己顕示欲や承認欲求が強い人といえますが、これらもインスタ映えという言葉に良いようにメディアに置き換えられています。

SNS上では、マウントとることが普通になっているので、多分今の状況を不思議がっている人は少なくないでしょう。一方でストレスをため込んでいる人も少なからず存在し、それは炎上という形でネット上に現れます。一人が叩けば大勢が叩く、日本人の悪い部分です。

普通は、何かを発言する前に自分の発言が他人にどう思われるか、とか自慢にならないかと心配してよく考えて発信するものです。こういう配慮が一切ないネット上では自分の思っていることを、そのまま発言してしまう人が多いです。

これらもSNSのようにネット上であれば勝手にやってくれればいいのですが、最近はマウントを始め自己主張が強い人がネット世界に留まらずに現実世界でも多くなっています。

自分の感情に歯止めがきかずに我慢できない人が非常に多いです。朝の通勤電車内では喧嘩している人も多くみますし、煽り運転や理解できない物騒な事件も増えてきています。

自己主張を間違った形で行うとただの迷惑な件

この場合、マウントをとりがちな人を言います。

マウントに関しては心理学上、コンプレックスを持っている人に多くみられるといわれています。

自分を他人より大きく見せることで自分の権威性を保ち、自分を優位にみせたがることが起因となっています。

つまり、自分に自信がなかったり余裕がない人といえます。ネットが主流になり、個人の発言力が強くなっており、メディアもそれを助長させるような働きかけをしてるため、日本人の良さというものが失われている傾向にあります。日本人は和を尊重して周りとの協調性に優れている国民性を持っているはずなのに、最近は欧米志向もあってか個を主張することが多くなっております。

もちろん個性を持つことは必要であり、日本人は主張しないからビジネスでは世界で通用しないとも言われているのもあって協調性を重視して自分の意見を言わないのも悪い部分になるケースもあります。要はバランスが大事です。

ネット社会になり個性と協調性のバランスが崩壊しているのは、先程述べましたがもう一度協調性の重要性を考えるべきではないかと考えます。

何が原因かはわかりませんが、自分のイライラした感情を抑えることができずに知らない人に感情をぶつけるとか論外です。駅の広告に「人を殴ることは犯罪です」という広告があること自体、本来ありえないことです。

普通ではない状態にあるということを認識して、自己主張をする場をわきまえる姿勢が今を生きる人たちに最も重要ではないでしょうか。

朝の通勤中に、並んでいる人を抜かして席に座るとか、下りる人がいるのに乗るとか、人とすれ違う時に避けずにわざとぶつかってくるとか、余裕なさすぎ乙、という感じです。

年齢層は若い人から年寄りまで様々なので、一概に若者が~とは言えないのがこの問題の深いところです。

まとめ

なにがいいたいかというと、自己主張が強い=マウントをとる人と定義すると、ただの迷惑になります。

なので、人間関係を良好にしていきたいのなら主張するべき時はして、場をわきまえることです。マウントなんて現実世界では嫌われる要因にしかなりません。

口は災いの元という言葉もある通り、日本人は自分の言葉の持つ意味をSNSが主流な今こそもう1度よく考えるべきなのではないでしょうか。

 

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

部下の退職

部下の退職サインに気づけない残念な上司の特徴はこちら。

部下の退職サインに全く気付かない残念な上司の特徴についてです。   今はどこの業界も人手不足で、転職も当たり前の時代になっています。   新卒で入社した会社に定年までずっと働くなんてことは、ほぼ皆無と …

日本の働き方

日本の働き方はおかしい、で終わらずに自分を守るための知識をつけるべきです。

日本の働き方はおかしいとちらほらニュースを見ます。私は日本でしか働いたことがないので、比較検証しようもないのですがおかしいよなという風潮はたくさんあります。 今でこそ働き方改革を国が推奨しているので企 …

仕事で疲れて寝ている

仕事の人間関係で疲れました。やる気もでないけどすぐに辞めることができない葛藤。

仕事の人間関係で疲れました。人間関係でトラブルがあったとかではないのが自分としては尚更タチが悪いです。 私は職場で当たり障りない対応をして仕事では常に愛想をふりまき、ハキハキする、イエスマンでやらせて …

仕事ができない人の特徴

仕事ができないという人の特徴をあげていきます。逆に当てはまらなければ仕事ができるようになります。

仕事ができないという人の特徴についてツラツラと書いていきます。定年年齢が引きあがっていたり、医療の質の向上から人間の寿命が延びています。このことから人が仕事に従事する時間も多くなるといえます。仕事に従 …

売れない営業

売れない営業の特徴は共通しています。自分にも他人にも気配りが必要な話。

売れない営業の特徴は共通しています。誰でもできる改善方法の話をします。 売れない営業ほど辛いものはありません。 売れない営業は社内でも居場所がなくなったり、肩身の狭い思いをします。結果をだせば仕事も楽 …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ