よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

生活

夫婦の育児に対する価値観はズレるものだけど、お互いの価値観は知っておくべき。

投稿日:2019-03-09 更新日:

育児について色々思うことがありますので、いい機会なので述べていきます。

私は育児歴7年の新米パパです。

夫の育児に不満をもつ女性は結構多いのではないでしょうか?

かくいう私は男なのでこのブログでいうと「不満を持たれる側」の人間なのですが男性と女性では子育てについての価値観の違いが必ず生じます。

夫婦の育児に対する価値観

  1. 男性の価値観
  2. 女性の価値観
  3. 1人で経験するべき

ここからは、上記のように分けて以下から述べていきます。

男性の価値観

最近の若い男性は昔ほど育児に関与しないということはないと認識していますが、それでもまだまだ仕事重視であると考えます。

これは歴史を紐解いていくと理由がわかります。先祖代々、男は狩りに出て食料を調達しなければいけませんでした。

その間、女性は家で待機して家のことをしたり、男性が狩りから戻ってきたら獲ってきた獲物で食事の準備をしたりという図式がありました。

それが時が進み現代においても適用されているのがそもそもの始まりになります。こういうと、「男は昔からそうやって生きてきたんだ!」とドヤ顔で言う男性がいますが、時代は変わってきており現代では必ずしも当てはまる訳ではないことは理解しておいた方が賢明です。

というかストレートにいいましょう。その考えはもう古いです。女性に対する思いやりが必要です。

思いやりがあれば育児は女性のやることだなどという考えには至らないはずです。思いやりをもつためにの女性の価値観をよく読んでください。

女性の価値観

上記で述べたような女性は家のことをするから総じて子育ても~という考えの女性も全くいないとはいえません。

しかし、何度もいうように時代は変わってきており、女性の社会進出が叫ばれて久しいです。いまは女性も働く時代です。

それは正社員であったり、パートであったりと雇用形態は様々ですが家のことばかりやってればいい訳ではありません。

そして、仮にこの項の冒頭で述べたように家にこもりっきりの場合、尚更男性には子育てに積極的に参加してほしいという思いを持ちます。

家事も立派な仕事であり、休む暇もなく同時に子供の相手を1日中しているのです。男性は外にでているのである程度自分の時間をもつことはできますが、女性は家にいる間、まったく自分の時間はありません。男性が仕事から帰ってきたら疲れているのは重々承知の上で、奥さんも自分の時間がほしいと思うのが普通です。

③1回経験してみましょう

子供が生まれてすぐは極端ですが、できれば子供が赤ちゃんの時のような早い段階で世の旦那さんたちは1度1日中子供の相手をしてみるべきです。

家事も同時進行で行い、子供の相手をするのはいかに大変かがわかります。私は妻の大変さを本当の意味で理解できないのが嫌だったので、妻には外出してもらい実際にやっていました。

やってみての感想は妻に対して「いつもありがとう」でした。ハードすぎるし赤ちゃんの時なんて言葉も通じない、癇癪は起こす、何していいかわからないけどめっちゃギャン泣きするなどもう精神的にきます。

まず休日くらい休ませろではなく、奥さんを休ませてあげるという意味を理解するためにも経験してみましょう。

まとめ

男性の育児について不満をもつ女性に焦点をあてて、男性・女性それぞれの価値観について述べてきました。

それぞれの言い分は確かに違ってくる部分もあるかと思いますが、私は自分の言い分は飲み込むというか妻の言い分を尊重するようにしています。そういうと仕方なくやってるの?と思われるかもしれませんが、本当にそのようなことはなく本心で妻の言っていることが理解できそちらに合わせた方が合理的だと思うためです。

そういうこともあって子育てについてコミュニケーションを図ることができ、不満もそんなにないのかなと思います。(た、たぶん・・・笑)

何度もいいますが、ここに挙げたのはあくまでも私見になります。子育てについては個人個人で考え方があるので全てではありませんが、一意見としてお読みいただけますと幸いでございます。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

赤ちゃん 話しかける

赤ちゃんに話しかけることで起きるメリットについて述べます。

  生まれたばかりの赤ちゃんは目も耳もまだはっきりとは見えていなく未発達です。なのでよく泣きます。自分の意思表示ができないのもそうですが、不安だからです。   その間は主に親の抱っこによって温もりや愛 …

足がだるい

足がだるい人におすすめ!医療機関で特に採用されている商品を2点紹介します。

  足がだるい、疲れた、むくむと悩んでいる人におすすめな商品を紹介します。   デスクワークや立ち仕事をしていると、足がだるくなったり、疲れやすくなります。ずっと同じ体制をとっていると足の静脈に血行不 …

赤ちゃん 抱っこ

赤ちゃんが抱っこを嫌がるとしても,父親がすぐに赤ちゃんを抱っこしなければいけない理由。

  父親が生まれてすぐの赤ちゃんを抱っこするとなると、もう大変です。   赤ちゃんは生まれたばかりだと病院に1週間くらい入院してから、奥さんと一緒に帰っています。その間、奥さんはおむつ替えや母乳をあげ …

赤ちゃん 歯磨き

赤ちゃんの歯磨きっていつから?心を鬼にしてやった結果・・・

  「赤ちゃんの歯磨きはいつから」というテーマについて解説していきます。   私は7歳の子供がおり、今でこそ能動的に歯磨きをしている子供ですが、赤ちゃんの時の歯磨き問題には大変苦労しました。   当時 …

1月 行事

1月の行事ってなに?意外と知らない意味について【2020年】

  2020年も始まり、新たな年を迎えるにあたり、暦シリーズをお送りします。   やはり日本に住んでいる限り、日本のことは少しでも知っておいた方がいいですからね。   そんな中で日本には暦という考えが …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る