よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

生活

育児のイライラは夫が原因?子供ができたら考え方を父親モードに変えるべき。

投稿日:2019-02-22 更新日:

結婚して子供を授かって、第一子が生まれたときは言葉にならず、小さい体で泣きわめく自分の子供は愛おしく言葉になりませんでした。

今はもう7歳になりそれらしいことを言い出しては私も時々叱られる感じです。(何やってんだw)

そんな私ですが、今回は子供が生まれてから私が感じたことを述べていきたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

かくいう私もまだまだ発展途上ですので、あくまでも現時点での経験値でいえることなのでご了承ください(逃げたw)

子育てで妻をイライラさせてしまうケースは以下に集約されています!

育児のイライラは夫が原因?

世の中の奥さんが感じる育児のイライラは旦那さんが原因であることも多いです。

専業主婦の方は特に根強いです。なので、私も含めた世の中の旦那さんは奥さんをイライラさせないようにするために、子供ができたら取るべき行動について紹介します。

子供が生まれたばかりの旦那さんたち必見です。

・飲み会は極力行かない

→赤ちゃんが生まれたばかりで日中ずっと世話をしている奥さんは精神的にも肉体的にも辛く大変です。付き合いもあるのはわかりますがここは徹底しましょう。

・寝室は同じで赤ちゃんが夜泣きしたら起きてあやす。

→「自己紹介」でも触れていますが、「明日仕事があるし寝れないときついから違う部屋で寝るわ」という旦那さんがどうやらいるようです。これは色々突っ込むところがありますが、まず奥さんも「仕事」しています。家事も育児も立派な仕事です。仕事で疲れているのは旦那さんも奥さんも同じです。そもそも育児は2人で行うものですのでここは気を付けましょう。奥さんに孤独感を与えてはだめです。

・なにげない一言に気を付ける。

→「何か手伝うことある?」これって何気ない一言で、旦那さんからしたら協力的だと思うかもしれません。でも手伝うって言葉はいけません。「何かやるよ?」とかにしましょう。手伝うという言葉は自分には関係ないけどやる、という意味合いがあります。余計な勘違いをさせないためにも気を付けましょう。同じ理由で「家族サービス」「イクメン」という言葉もあまりいうのはよくないと思います。

・やった気にならない。

→旦那さんの中でかなり育児や家事をやったと思っても、奥さんからしたらそうでもないということが往々にしてあります。また、それを友人たちの前で「おれ、けっこうやってるから」的なことを言ってしまうのはNGです。奥さん的には「たいしてやってないのに人前ではええかっこしい」という感情を抱かせてしまい、かつそれを人前というのもあり指摘できないストレスを生み出してしまいます。

・奥さんがリラックスできる時間を作る。

→奥さんは日中ずっと育児と家事につきっきりです。家事だけならまだしも、途中で赤ちゃんが泣きだしたり、何かないか注意してやる家事は通常より100倍疲れます。始めは話もまともにできませんので、コミュニケーションもとれない辛さもあります。なので奥さんが友達と会う時間をつくったり、休みの日は育児家事から解放させてあげましょう。私は完全母乳でありましたが搾乳してもらい保存しておき、泣きだしたらそれを飲ませていました。赤ちゃん以外の人と会う時間は大変貴重なのを理解しましょう。

・とにかく奥さんの話をよく聞く。

→乳児期は特に孤独感を感じやすいです。仕事から帰ったらよく話をきいてあげましょう。ただし、日ごろから協力的でないと話を聞いても奥さんが乗り気でない可能性があります。日ごろから注意しましょう。

・女性は子供が生まれた瞬間から母になる。

→男性と女性の決定的な違いはここです。男性は子供が生まれてからも父親という自覚を持つのに時間がかかります。(もちろんそうでない人もいますが)しかし、女性はいきなり母親になります。序列という言い方は好ましくありませんが、子供が第一、旦那は2番目という家が多いように思います。ここで、ふてる男性がけっこういます。そして夜の営みも×、扱いも酷くなるという悪循環が発生するケースがあります。(よく聞きます)最悪な場合、ここで浮気するとかですかね。この悪循環ですが、私が思うに、妊娠期間中どれだけ妻に尽くしたかどうかで決まるのではないかと考えます。そこで頼りにならないとか信頼が不足した場合、出産後の悪循環に陥る可能性が高いです。聞いてないと思いますが私は尽くしましたので今でも関係は良好です笑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まとめ

と、以上子育てで妻をイライラさせない方法について述べてきました。

これは完全に私の持論です!

要は奥さんに対して思いやりをもって、育児は2人の問題だと認識することが必要です。

私も最初は大変さがわからなくて、妻にでかけてもらい当時赤ちゃんだった息子と家で留守番していました。まあギャン泣きはするわ、何で泣いてるのかわからない、家事もなかなか進まない、とカオスでした。

1日やっただけで疲労困憊でした。これを毎日行い、人とも話さない、となったら精神も壊れてしまいます。

2人で望んで生まれてきた赤ちゃんで苦しむなんてこんな寂しいことありません。

子供が生まれたら、よりベクトルを家のことに向けるべきです。

「男は仕事、女は家事」なんていう人がまだいるのに驚きですが、そんな考えは時代錯誤です。

親族が近くに住んでいて、頼れる人も近くにいるからそういうことができたのです。

私は転勤族なので周りに頼れる親族も友人もおりません。妻もそうなので、頼れる人は私だけです。仕事ももちろん生活するためには大事ですが、私は元々家族が大事という思いを持っておりましたが子供が生まれてきてくれたおかげで、より家族ファーストな思考をもつことができました。

冒頭にも書きましたが、まだまだ発展途上です。また気づいたことあれば述べていきたいと思います。家のことをいつもやってくれて、かつ育児も行ってくれる妻には感謝しきりです。

私も育児であまり妻をイライラさせないようにこれからも気を付けていきます。

 

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ホワイトデー お返し

ホワイトデーに買うお返しで高すぎず重くなりすぎない絶妙なものはこれ!

  ホワイトデーのお返しってどうする?   男なら迷ったことはあるであろうホワイトデーのお返し問題ですが、本当にすごく悩みます。   高価すぎてもダメかなとか、安すぎても悪いよな?とかあれこれ考えます …

メモ帳と資料

生命保険の特徴を誰にでもわかるようにまとめました。

生命保険って色々種類がありすぎてよくわからないという経験はないでしょうか? そもそも保険の保障内容が合っているのか、という問題もあります。 かくいう私もまったく分からずに、会社に来た保険の営業マンから …

赤ちゃん 抱っこ

赤ちゃんが抱っこを嫌がるとしても,父親がすぐに赤ちゃんを抱っこしなければいけない理由。

  父親が生まれてすぐの赤ちゃんを抱っこするとなると、もう大変です。   赤ちゃんは生まれたばかりだと病院に1週間くらい入院してから、奥さんと一緒に帰っています。その間、奥さんはおむつ替えや母乳をあげ …

スマホ見ている人

スマホへの依存症は体に悪影響です。できる対策をするべき【ブルーライトカット】

スマホの依存症は多くの人が該当している可能性があります。 トイレに行くときもスマホ、ご飯を食べるときもスマホ、電車の中でもスマホというようにどこにいってもスマホが手放せない人が多いのが現状です。 スマ …

専業主婦 大変

専業主婦が大変ってわかる一例を紹介します。

  専業主婦が大変かどうか、男性は中々理解できないのではないでしょうか?   かくいう私も何でそんなに大変なのか不思議に思っていた時期もあったのですが、1日主婦業をやっただけで、その考えは覆りました。 …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ