よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

ダイエット

1ヶ月で確実に3kgを痩せるための具体的方法とは??

投稿日:2020-02-06 更新日:

 

ダイエットでも何でもそうですが、成果を早く上げたいと思うのが人間の常です。

そして、少しずつ成果がでてくると意欲も向上して好循環を生むことができます。

 

逆をいえば成果がでないと、意欲も低下してしまうことになりかねません。

 

ダイエットは人間の3代欲求の1つである「食欲」と切っては切れない関係にあるので大変厄介です。タチが悪いです。

 

ダイエットには大きく「食事制限」と「基礎代謝の向上」の2点さえ抑えれば簡潔できますが、食事制限なんて普通に考えればかなり難易度が高いものです。なので食事制限してダイエットしようとしている時点でかなりすごいんです。

 

そんな3代欲求の1つである「食欲」に立ち向かってでも痩せたい!と思う人に向けて今回書くテーマはずばり、「1ヶ月で3kg痩せる具体的な方法」です。

 

1ヶ月で3kgなんて普通じゃん・・・

 

と思うかもしれませんが、やってみるとわかりますが意外と難しいですよ。瞬間的に食事を抜きにして運動をたくさんやれば不可能じゃないとは思いますが、そんなことをしてもすぐに戻ってしまいます。

 

少し余談ですが、ダイエットの広告の話を少し。

 

1ヶ月で10kg痩せる方法!

誰でも簡単に楽に痩せる方法!

 

とか謳った広告をよく見かけますが、あれは印象操作です。印象操作というと言葉が悪いので「ちょっとおおげさに言ってインパクトを与えている」に修正しておきます(^-^)

 

1ヶ月に10kg痩せる訳ないと言う気は全くありませんが、「1ヶ月で10kg痩せる」というには対象が不明確ですね。体重100kgの人が10kg痩せるのと、体重60kgの人が10kg痩せるのではハードルの高さが全く違います。

 

「誰でも簡単に楽に痩せることができる」についても同じです。簡単かどうか、楽かどうかは人によって定義が違いますので、とてつもない矛盾を、広告を通してアピールしています。

 

すみません、余談が長くなってしまいました。

 

それでは、「1ヶ月で3kg痩せる具体的な方法」について解説していきます。

 

1ヶ月で3kg痩せる具体的な方法

 

余談がだらだら長すぎたので、どんどんいきます。

 

結論からいいます。

 

1ヶ月で3kg痩せるには以下の方法が大変効果的です。

 

・睡眠を多く取る

・食事制限は夜ごはんのみにする

・筋トレとストレッチをする

 

それではそれぞれについて解説していきます。

 

睡眠を多く取る

 

ダイエットと睡眠時間には密接な関係があるのはご存じでしょうか?

 

人間は寝ている時に意外とエネルギーを消費しています。それは睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンの影響です。詳しくは割愛しますが、メラトニンを始めとしたホルモンの分泌が睡眠中に促進されます。深い睡眠をとると1回あたり300kcal消費するという見解があります。ランニングでいうと大体30分ちょっと走ったと同じカロリー消費量です。

 

逆に寝不足になるとホルモン分泌が促進されないということなので、痩せにくくなってしまいます。痩せにくくなるというか、肥満体質になるとまで言われています。これらの話は、アメリカのコロンビア大学の研究でも証明されています。

ダイエットと睡眠については「ダイエットと睡眠の関係性について。寝たら痩せます!」の記事でも解説しています。

 

食事制限は夜ごはんのみにする

 

ダイエットするなら食事制限は必須です。食べる以上に運動する人であれば、そんなに制限する必要はないですがアスリートでもない限り稀だと思います。

 

ただし、食事制限といっても3食全てという訳ではありません。これは私の経験即からですが、食事制限にもちゃんとしたコツがあります。

 

食事制限の代表的な例としては、1日1食にする!です。

 

この1日1食ですが、効果のある時間帯と効果が全くでない時間帯があります。

結論をいうと、1食食べるのを夜にしてしまうのが1番やってはいけません。

 

私は朝・昼・夜と食事制限がどの時間帯で効果的かどうか全て試しました。その結果、食事制限をするなら断然夜という結論に至りました。

 

ダイエットで食べる時間帯の重要性については以下の記事で解説しています。

 

 

筋トレとストレッチをする

 

筋トレもストレッチも基礎代謝を上げる方法として大変有効です。

 

食事制限は取るカロリーを減らすために行い、筋トレやストレッチは消費カロリーを増やすために行います。それぞれダイエットについてアプローチする上で重要です。というか絶対にやらなければいけません。

 

厳密にいうと基礎代謝があがる方法なら筋トレとかストレッチでなくてもいいのですが、この記事では筋トレとストレッチを紹介していきます。

 

筋トレは1日置きでもいいですが、ストレッチは毎日がいいかなという認識です。

 

私はほぼ自己満で筋トレもできるだけ毎日やっていましたが、時間を空けた方が筋肉にはいいみたいです\(^o^)/

 

筋トレとかストレッチとかめんどくさい・・・

そんな時間ない・・・

 

という人は、まずマインドを変えないといけませんが、そこは置いておくとして、筋トレ

するにしても2時間も3時間もやらないといけないということではありません。

 

私は腕立て、腹筋、背筋を1セット、やる気があれば2セットをしていますが30分もあれば十分にお釣りがくるくらいで、そんなに時間はかかりません。

 

腕立ては50回をやっていますが腰を痛めてしまうのもあって足は完全に床につけてやっています。それでも十分に腕に負荷はくるので筋トレとしては問題なしです。

 

腹筋も床に仰向けになり、膝を90度に曲げて、上体はそんなに起こさずに自分のヘソを見るくらいしかあげません。過去にジムでトレーナーに教えてもらった方法で腰への負担も少なくおすすめです。

 

背筋は床にうつ伏せになって状態を起こすスタンダードなものです。

 

これを1ヶ月毎日、もしくは1日置きにやるだけでかなり鍛えることができ、基礎代謝量も上げることができます。

 

筋トレやストレッチについても以下で詳しく解説しています。

 

 

まとめ

 

ここまで、順に解説してきましたが、もちろんどれも必須事項です。寝るのは誰にでもすぐにできますし、多少根気が必要なのは食事制限と筋トレ・ストレッチです。

 

ただし、これをやって1ヶ月で3kg痩せることができたように、実践すれば痩せることができます。

 

食事制限については人によって様々なので試しながら構築していく感は否めませんが、徐々に自分の方法を確立していってください。

 

少しでも参考になったという方はいいねやコメントなどお願いしますm(__)m

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエット 食べ過ぎた

ダイエット中に食べ過ぎたという時でも次の日の食事をセーブすれば大丈夫な件。

  ダイエットをしてるのに、ついつい食べ過ぎてしまうといった方向けになります。   毎日頑張ってダイエットに取り組んでいるのに食べ過ぎてしまう理由としては、会社の付き合いで飲み会があったり、毎日の食事 …

ランニングしている

ランニングは本当に痩せる?どのくらい期間が必要?という問題に答えます。

  ダイエットのためにランニングをしているけど中々効果がでないという方やランニングって痩せるの?と不安を持っている方向けの記事になります。   ランニングで痩せるために必要なのは距離や時間かどうかにつ …

ダイエットアプリ FiNC

ダイエットアプリのFiNCってどうなの?実際に使ってみた。

  ダイエットもアプリで行う時代になっています。   そんなダイエットアプリは数多くありますが、今回はその中でも「FiNC(フィンク)」というアプリについて記事を書いていきます。   ダイエットアプリ …

カロリーメイト 太る

カロリーメイトは太る?ダイエットに適しているのか検証しました。

カロリーメイトといえば、バランス栄養食品を謳っています。公式ではカロリーメイトを以下のように説明しています。 <公式より引用> カロリーメイトは身体に必要な栄養素を、いつでもどこでも手軽に補給でき、現 …

ダイエット中の間食

ダイエット中の間食は厳禁!?間食がダイエットにいいこともありますよ。

厳しい食事制限、間食はもちろん一切なし!のようにダイエット中の食事管理をストイックに徹底する人も多くいるのは事実です。   自分を律し、その先にある。「痩せる」という目標のために一心不乱に行動すること …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ