ダイエット

ダイエット中の間食は厳禁!?間食がダイエットにいいこともありますよ。

投稿日:2019-10-31 更新日:

 

今回はダイエット中の間食についてです。食事制限をするからといって、徹底的に間食までも禁止する必要があるでしょうか。答えはありません。

 

厳しい食事制限、間食はもちろん一切なし!のようにダイエット中の食事管理をストイックに徹底する人も多くいるのは事実です。

 

自分を律し、その先にある。「痩せる」という目標のために一心不乱に行動することは非常に大切ですが、みんながみんなできる訳ではありません。私もそうですが、根本にあるのは「自分に甘い」ということです。

 

しかも間食にはある特徴があります。間食しないが故にダイエットの効果が著しく低下することもあります。食べないのに効果がでないことなんてある!?と信じられないかと思いますが、これもまた事実です。

 

そんな訳で今回は、「ダイエット中の間食」をテーマにして話を進めていきます。

 

ダイエット中の食事をストイックに行うことも重要ではありますが、ちょっと肩の力を抜いてやっても問題ないということを認識ください。

 

ダイエット中の間食は厳禁!?

ダイエット中の間食

 

ダイエット中に関係なく、間食をしてしまう人は多いです。

 

時々、太っている人で少食の人がいます。食べないのに何で太ってしまったのか気になっていましたが奇跡的に一方的に話をされたので聞いていると、間食を頻繁に行っているのが理由ということが判明しました。

 

もはやどっちが主食なのかわからないですが、事実です。

 

こういうとダイエット中の間食は絶対ダメだなと認識するかと思いますが、間食自体は悪ではありません。私の知人の場合は間食の仕方に問題があったことが原因になります。

 

私も非常に間食が好きでダイエット中だろうが何だろうがしょっちゅうしています。

 

小腹が空いたらコンビニへ行ってチョコレートとか菓子パンとかおにぎりとか買っちゃいます。間食が好きというか、ただ単にお腹が減るからですね。

 

いや、ちゃんと1回の食事をちゃんと食べろよ!という指摘もこれまで家族や友人に指摘され、直そうとしましたが、改善しませんでした。

 

結論、ちゃんと食べても小腹は空くんです。それが何故なのかは解明されずに34年が経過しました。よって解明せずに、間食はするもんだという半ば諦めの気持ちから今は間食をしています。

 

ただ、食べる量や回数、時間帯には気を付けようという自分の中でルールは持ちながら実践しています。

 

間食という位置づけなので、1回の食事のようにがっつり食べることは一切ありません。繰り返しになりますが、菓子パンやおにぎりです。ほとんどお菓子が多いですが・・・

 

酷い時は「パイの実1箱」とか「たけのこ里1箱」とか「スナック菓子1袋」とかやっちゃった時もありますが、最近はチョコレートならポケットチョコのように小さいものにしたりして調節しています。

 

パイの実は本当に好きで毎日1箱食べていた時期もあります。さすがに体に悪すぎるし、糖尿病になりかねないと思い自重し始めましたが、毎日食べるくらい好きです。

 

仕事が終わって、自宅の最寄り駅にあるコンビニに必ず寄って買うという謎のルーティンが発動されたいたので、最近はコンビニに寄るのをやめるようにしています。

 

パイの実1箱のときはカロリーオーバーでランニングをしてギリギリ体重維持のような毎日でした。

 

ランニングしないときは夜ご飯の量を極端に減らさないと太るので、もう間食の定義って何?と後から反省した苦い経験もあります。

 

時間帯も夜ごはんの後の間食はよくありません。ダイエットは夜ご飯が非常に重要であり、間食なんてしている場合ではないのは、私の以前の記事を読んでいただいた方はおわかりになるかと思います。夜は寝るだけですからね。間食するなら日中が必須です。

 

ここまでは、私の実体験を元に話しており客観性に欠けることもあるので、客観的な意見として厚生労働省が発表している間食のカロリーについての文言を以下に紹介します。

 

間食とは、朝食・昼食・夕食以外に摂取するエネルギー源となる食べ物と飲み物のことで、栄養補給の他に気分転換や生活にうるおいを与えるなどの役割もあります。

しかし食べ過ぎは、肥満にもつながる可能性がありますので、回数・量・質を考え、1日の栄養素の不足が補えるような間食をとると良いでしょう。

間食とは、食事(朝食・昼食・夕食)以外に摂取するエネルギー源となる食べ物と飲み物のことで、その種類は、お菓子・嗜好飲料(ジュースやお酒)・果物・菓子パン・ファストフードなど様々です。

間食には、食事だけでは摂取できない栄養素を補うだけでなく、仕事や勉強などでの気分転換、生活にうるおいを与えるなどの役割があります。

しかし好きなものを好きなだけ食べてしまうと、1日に摂取するエネルギー(カロリー)が消費するエネルギーよりも多くなり、肥満につながる可能性もありますので、上手に間食をとることが大切です。

みなさんは普段どのような間食をどのくらい食べていますか?

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量だと言われていますが、ダイエットを考えている場合は、1日に摂取するエネルギーが消費するエネルギーを超えないように、食事だけではなく間食も含めて調節しましょう。

お菓子などの食品の袋には栄養成分が表示されているものも多いので参考にしてみて下さい。

一般的に洋菓子と言われるケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子などのような食品は、炭水化物と脂質が多く高エネルギーのものが多いです。スナック菓子においては、食塩も多く含まれています。

しかし食べてはいけないわけではありません。

間食をする回数や量を減らすこと、種類を選ぶことが大切です。

例えばスナック菓子であれば、少量を小皿にとることや小袋(1人分程度)のものを利用することも良いでしょう。飲み物では、砂糖の多く含まれる炭酸飲料やコーヒー飲料についても注意が必要です。砂糖の含まれないお茶を選ぶことも良いでしょう。

さらに1日の栄養素のバランスを考えて間食をとることができれば理想的です。

例えば日本人に不足しがちなカルシウム源となる牛乳やヨーグルトを選択するのも1つの方法です。その際、脂質の摂取が気になる場合には低脂肪のものを選びましょう。また普段の食事で果物の摂取が少ない場合、間食に適量とることも効果的です。果物にはビタミンや食物繊維が多く含まれています。

間食で大切なのは、食べすぎないように回数や量を減らす工夫をすること、1日の栄養素の不足が補えるような種類を選ぶことです。

 

これを読むと、間食しないといけない!となりそうですが、本文にもある通り量には気を付けましょうね。

 

間食をしないと太りやすい体になる!?

 

ここまで、間食するなら量や食べる時間帯に気をつけることが大事とわかっていただけたと思いますが、間食をしなさすぎるのもダイエット中にはよくない面もあります。

 

ダイエット中によくないと遠回しの言葉にしていますが、つまりは太りやすい体になりますよということです。

 

何故間食をしないと太りやすい体になってしまうのかについては、ライフネットジャーナルの記事内にて述べられていますので紹介させていただきます。

 

仕事が忙しくてお昼を食べ損ねてしまい、1日に朝と晩の「2食」になってしまった場合の体の中はどうなっているのでしょうか?

ごはんを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す「血糖値」が上昇します。これは時間が経つにつれ元の状態に戻りますが、食事の間隔が空いてしまい、空腹時間が長く続いた状態で食事をとると血糖値が急上昇し、これを下げるために大量のインスリンが分泌されます。

インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあり、それが大量に分泌されると、「太りやすい体」となってしまいます。そのため健康的な体を目指すには1日3食、リズムを整えて食事をとることが望ましいのです。

 

というように、間食をしないと太りやすい体になる可能性があることも理解しておきましょう。

 

まとめ

ダイエット まとめ

 

ダイエット中の間食について、私の実体験の話を織り交ぜつつ、適正な間食や間食をしなさすぎると太りやすくなるという話でした。

 

繰り返しになりますが、ダイエット中でも間食はしても問題ないです。ただ気を付けなければいけないのは間食の時間帯や食べる量です。

 

そして、ダイエット中でも間食をしないと逆に太りやすくなるということも忘れずにお願いします。

 

私もこれで堂々と間食できるー!!!\(^o^)/

 

ダイエット中のみなさん、参考にしていただけますと幸いでございます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!ダイエット関連につきましては、このほかにも数多く記載しております。

 

カテゴリー欄より気になるテーマがありましたらご覧になってみてください。

 

 

<よく読まれている記事>

〇独自ダイエット論

ウォーキングのダイエット効果についてまとめました。

ランニングで痩せない?について解説しました。

ランニングで痩せる期間はどのくらい?距離や頻度についても解説。

ダイエットするなら筋トレが必須な理由についてまとめました。

ダイエットにはストレッチ!何がいいのかを解説しました

何しても痩せない時は自分に合っていない方法が原因な件

食事制限しても痩せない理由についてまとめました。

太る原因ってなに?簡単にわかる方法はある?

1日1食をしても痩せない理由についてまとめました。

ダイエットは夜ご飯の量を調整するのが最も良い理由。

ダイエットで昼ごはんは比較的好きに食べてもよい理由。

ダイエットをしても朝ごはんはがっつり食べるべき。

ダイエットを始める時には何からすればいいのかを解説します。

 

〇試したみた系

脂肪燃焼スープはダイエットに効果ある?実際に作って試してみました。

サブウェイでダイエットが成功?した話

バターコーヒーはダイエット効果があるのか試してみました。

ファスティングの効果について試してみました。

納豆ごはんを食べるダイエットを1週間試したみた結果・・・

サラダチキンを食べるダイエットを1週間試してみた結果・・・

断食の効果がすごいと聞いたので試してみました。

ダイエットにヨーグルトがおすすめと聞いたので試してみた結果・・・

ホットヨガは痩せない?痩せる体作りにおすすめな理由とは?

 

〇コラム系

糖質制限は痩せない?効果のでない人の原因ってなに?

糖質制限は危険?おすすめできない理由について解説します。

ダイエットと睡眠の関係性について。寝たら痩せます!

 

〇おすすめなサプリやプロテイン

ダイエットにおすすめなサプリは?用途別で紹介!

ダイエットでは栄養が偏りがちです。そんな時におすすめなプロテインとは?

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スクワット 痩せない

スクワットは痩せない?痩せない理由とダイエット時のメリットについて紹介します。

  今回はスクワットって痩せないの?について解説していきます。筋トレというと、最近ではジムに行くのが主流なので器具を使って腕や全身の筋肉を鍛えたりします。負荷をかけると筋組織が破壊され、超回復を経てよ …

エアロバイク 痩せない

エアロバイクは痩せないので、期待しすぎるのは要注意です。やるならランニングの理由はこちら。

  今回のテーマは「エアロバイクは痩せないのか?」についてになります。   よくジムでエアロバイクをめちゃめちゃこいでいる人がいます。   体力や筋力をつけるためにエアロバイクをしているなら止めはしま …

ファスティング 効果

ファスティングの効果は?34歳のおっさんが実際にやってみました。

  ファスティングと聞くと、「あー断食を横文字にしたやつね!」くらいの知識だった私です\(^o^)/あ、いきなりすみません。今回はファスティングのダイエット効果について解説するのでいきなりファスティン …

ダイエット きつい

ダイエットはきついです。きついのは結果がでないからなので正しい努力が必須な件。

  ダイエットはきついです。   楽なダイエットは何か、楽に痩せたいとダイエットするなら誰でもそう思うのが普通です。辛いより楽にできるなら越したことはありません。   楽かどうかの価値判断は人によって …

周りを気にしない

周りを気にしないで自分のやるべきことをひたすら実行するのみという話。

何か目標に向けて努力する際に、障壁となるのが周りです。あなたも何か頑張っているものがあるとして、周りが気になっていませんか? 周りが自分のあるべき姿をすでに実現していたり、自分が成果をあげていないのに …

30代のサラリーマンです。ダイエットについての情報発信や資格勉強頑張っています。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

PVアクセスランキング にほんブログ村