よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

ダイエット

カロリーと体重の関係性は?知っておくと少し役にたつ話。

投稿日:2019-08-19 更新日:

 

カロリーを摂取しすぎると体重が増えるといわれています。カロリーって何かわかりますか?カロリーの本質を抑えて体重との関係性を理解しておきましょう。

 

そもそもカロリーとは何でしょうか?

 

カロリーとはエネルギーの単位のことです。

 

エネルギーとは人間が生きていくために必要なものです。人間のエネルギーは食糧によって摂取することができます。

 

カロリーと体重の関係

 

タニタさんのホームページではカロリーについてわかりやすく書いてあります。

 

その中でカロリーと体重の関係についても触れていますので紹介します。

以下引用です。

 

カロリーと体脂肪の関係とは

 

100kcalのエネルギーを持つ食べ物を食べても、100kcalのエネルギーを消費する運動をすれば、食べた分のエネルギーは消費され、からだの中には残りません。

 

しかし食べたエネルギーを全て消費しきれずエネルギーが余って残った場合、そのエネルギーは、「脂肪」に変えられてからだに貯蔵されます。

 

脂肪1kgを消費するには

 

では、体内に貯蔵されている脂肪1kg(1,000g)を消費するにはどれだけのカロリーが必要になるのでしょうか?
脂肪1gは9kcalなので、1kgの脂肪を消費するには9000kcalのカロリーが必要かといえばそうではありません。

 

人間の脂肪は「脂肪細胞」として蓄えられているので、全てが純粋な脂肪というわけではありません。脂肪細胞の約8割は脂質(あぶらの塊)ですが、残り2割ほどは水分や細胞を形成するさまざまな物質で構成されています。
これを踏まえて計算すると脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギー(カロリー)は、9kcal×1000g×80%=約7200kcal 程になります。

 

つまり、1カ月で1kgの脂肪を減らすために消費すべきエネルギーは、7200÷30=240kcalとなり1日あたり240kcalになります。毎日240kcal分のエネルギーを多く消費する、もしくは摂取を抑えられれば1カ月で1kgの脂肪を減らすことが出来るのです。

 

ちなみに240kcalは、食べ物では「どら焼き1個」や、「発泡酒ロング缶(500ml)1つ」程度。生ビールなら「中ジョッキ1.2杯」くらいです。※2 運動では「ウオーキング約50分」、「ジョギング約27分」程度を目安と考えてください(約171cmの70kgの30-40代男性の場合※ 1)。

※1 平成23年国民健康・栄養調査報告、身体状況調査の結果より
※2 日本食品標準成分表2010より

 

こう見ると、1kg減らすのが無理ゲーな気がしてなりません。カロリーと体重の関係性の部分をイメージしてもらいたくて引用していますので、「1kg痩せるために~」の部分は、ここではスルーしましょう。

 

カロリーは1日でどのくらいとればいいかの目安と基礎代謝量

 

1日にどれくらいカロリーをとらなければいけないのかは、人によって様々です。

 

身長、性別、年齢、毎日の身体活動レベルによって決まります。ちなみに私は2,298キロカロリーが必要とでました。

 

https://joyfit.jp/aojoy/health_column/post03/

→1日に取るべきカロリーが参考程度に計算できます。

 

必要カロリーがわかれば、あとは自分の基礎代謝量を知っておくとダイエットする際には大変参考になります。

 

これも人によって様々ですが、大体男性は2,000キロカロリーで女性は1,500キロカロリーくらいが目安となっています。基礎代謝と筋肉は相関しているので、運動していて筋肉量が多い人はもっと高い数値がでると思います。

 

https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

→こちらで基礎代謝計算ができます。参考程度に知っておきましょう。

 

必要カロリー数と基礎代謝量が分かれば、あとはそれ以下に摂取するカロリーを少なくすれば痩せるという計算になります。ただし、冒頭で説明した通り、カロリーとはエネルギーです。痩せたいあまりに、極端にカロリーをとらなすぎるのはよくありません。

 

カロリー不足になるとどうなるか

 

繰り返しになりますが、体重を減らすためには、カロリーを抑えることが必要です。ただし、カロリーをとらなさすぎるのもよくありません。理由は、基礎代謝が低くなるからです。基礎代謝は人間が生活する上で自然とエネルギーを消費するものです。つまり、基礎代謝が低いと消費カロリーも少なくなります。

 

カロリーをとらなければ痩せる人がほとんどですが、仮にカロリーとってないのに全然痩せないという人がいるなら基礎代謝の問題が大きく影響しているといえます。

 

まとめ

 

以上、カロリーと体重の関係性について述べました。

 

最近は糖質ダイエットも主流になりつつありますが、体重を落とすにはカロリーの摂取量をいかに低く抑えるかが経験上有効だといえます。

 

タニタさんの引用にもありましたが、カロリーを摂取したら全てが脂肪になる訳ではなくて消費できない部分が脂肪になります。

 

ダイエットをするなら消費できる体にすることと、摂取カロリーを抑えることができれば痩せるということになります。この辺はまた別記事にて書きます。

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

断食 効果

断食の効果がすごいと聞いていたので挑戦してみた結果・・・

  自称ダイエットブロガーのよしおです。   ダイエットに関連して、今回は断食の効果について検証してみたいと思い、挑戦してみました。   前回3日間のファスティングをやっただけで、結構きつかったのです …

痩せる 体質 女性

痩せるには体質を改善することが必要です。でも元々痩せ体質である必要はない件。

ダイエットを始めたけど中々痩せないというケースは少なくないでしょう。 人によって何で痩せないのかは違うので一概にこれと断定することは難しいですが、痩せない人は得てして言い訳をしがちです。 自分には難し …

肉 太らない

肉は太らない!がもたらす功罪とは!?

  肉は太らないからいくら食べていい!   食事制限なしで痩せるなんて最高!   という考えが私にもありました・・・   美味しい話には裏がある、と昔からいわれていますが、どうやらこれは「肉は食べても …

有酸素運動と筋トレ

有酸素運動と筋トレはどちらかではなく、組み合わせるのが痩せるための近道です。

痩せるためには複数の方法を取り入れた方が効果に違いがでてくるという話は、私のブログ内でも繰り返し触れています。 食事制限であったり、筋トレ、有酸素運動が主な方法になりますが、サプリ摂取やプロテインなん …

痩せる メリット

痩せる上でメリットはなに?メリットが明確になればダイエットも頑張れます。

  痩せるメリットって何か明確になっていますか?   痩せて~がしたいとか、痩せて健康になりたいとか人によって漠然とイメージされているかとは思いますが、ここが明確であればあるほどダイエットも頑張ること …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ