よしおのダイエットブログ~よしブロ~

サラリーマンが子育てしながら、主にダイエットについて緩く語るブログです(^-^)

生活

頭がよくなるカードゲームの紹介です。子持ちの方必見!

投稿日:2019-12-07 更新日:

 

頭がよくなるといわれているゲームについて、ある商品を紹介していきます。

 

ちなみに、私は7歳の息子がいるのですが、このカードゲームでよく一緒に遊んでいます。

 

そのカードゲームは「アルゴ-algo-」という名前です。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アルゴは世界で100万部を突破している日本発の世界的カードゲームです。

 

算数オリンピック大会の定番アイテムとなっており、学研プラスから発売されています。

 

アルゴは2002年に算数オリンピック委員会の理事長である若杉氏を中心に名だたる有識者たちが共同で発明・開発されました。

 

そのアルゴが何故、頭がよくなるカードゲームかについては以下より解説していきます。

 

頭がよくなるというカードゲーム「アルゴ-algo」って何?

 

アルゴの概要については冒頭で触れた通りですが、ここからは何故頭がよくなるゲームといわれているかについて述べていきます。

 

アルゴは簡単にいうと、相手の伏せられたカードの数字を、自分の手持ちのカードや「山」といわれるカードの束からカードを引いた数字であったり、相手が発言した数字をヒントに推理して当てるカードゲームです。

 

ずばり、頭がよくなるゲームといわれる理由は、相手の伏せられたカードの数字を当てる過程において、分析する必要があり、論理的思考能力を鍛えることができる点にあります。

 

分析力や論理的思考能力というと、大層難しいイメージを植え付けるには十分な表現になってしまいますが、実際のところ至ってシンプルです。

 

ここでアルゴのルールについて簡単に紹介しておきます。

 

アルゴのルールについて

 

まずプレイヤーは2~4人まで可能です。

大きくは違いませんので2人で対戦すると仮定して話を進めていきます。

 

カードは白と黒の2種類があり、それぞれ番号が「0」~「11」までの数字が書かれています。

 

手札のカードは4枚ずつです。黒と白の割合については言及されていませんが、偏ると面白くないので、私は黒と白のカードが混ざるように配るようにしています。

 

そして、自分の手前にある手持ちカードは相手に見えないようにして、左側から数字の少ない順に並べます。例えば、左から「1・3・8・11」のように並べます。

 

この時に、数が同じのカードがでてくる場合があります。白と黒でそれぞれ「0」~「11」までのカードがあるので、例えば、白の「2」と黒の「2」が自分の手札にくる可能性もあります。

 

そういう時は、「黒を左側に置く」というルールがあるので、この場合は黒の「2」・白の「2」という並びになるように置きます。

 

自分の手札のカードを相手に見えないように配置したら、ゲームスタートです。

 

どちらが先にカードの「山」から引くかは、親を決める必要があります。親の決め方についてはじゃんけんでも何でもいいと思いますが、一応公式ルールは存在します。ここでは割愛します。

 

ゲームはここから交互に「山」からカードを引き、自分の4枚の手札の数字や引いたカードの数字から相手が伏せているカードの数字が何なのかを考えていきます。

 

数字は左側から少ない順に並べているので、そこがまずは大きなヒントになります。

 

手札を引いて、自分が当てたい相手のカードの前に、自分が「山」から引いたカードを裏返したまま置き、自分が考え出した数字を言います。

 

この時にカードを当てられたら「イエス」と言って、伏せているカードを表にします。カードをいい当てたら外れるまで推理することができます。

 

数字が違う場合は、相手は「ノー」といいます。外した方は手札から引いたカードを表ににして自分の4枚の手札と区別できるように横に置いておきます。

 

このように、外していくと「山」から引いたカードは表にして置いておく必要があるので、どんどん情報が増えていきます。情報が増えていくにつれて、推測がしやすくなります。

 

自分の手札の数字、自分や相手が外したカードの数字、手札は左から順に数が大きくなる

というルールが、相手の手札の数字を当てる上で重要な情報になります。

 

これに加えて、相手が言った数字が何なのかといったことも重要なヒントになります。

 

ゲームを通じて様々なケースが存在し、勝つためには常に考える必要がでてきます。

 

これを勉強しながらだと小さい子供が行うにはハードルが高くなりますが、ゲームを通じて行えることにアルゴの最大のメリットがあります。つまり、楽しみつつも考える力を身につけることができます。

 

これが頭がよくなるゲーム「アルゴ-algo」の真髄です。

 

まとめ

 

以上、頭がよくなるゲーム「アルゴ-algo」の紹介でした。

 

子供が幼いうちは、家で遊ぶにしてもレパートリーが限られてきてしまうので、子供も大人も楽しめつつ、頭がよくなるカードゲーム「アルゴ」で遊んでみてはいかがでしょうか?

 

子供とのコミュニケーションもとれる良いきっかけにもなるかと思います\(^o^)/

 

<今回ご紹介した商品はこちら>

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

幼稚園 保育園 文房具

保育園と幼稚園の違いはなに?教育とか色々ありますが1番はママ友問題です。

保育園の幼稚園の違いはどういったものか、そもそもどっちがいいのか、について述べます。 子供が3歳になると4歳からは幼稚園に行かせようか、保育園に行かせようかで迷う時期です。うちは1歳から保育園にいかせ …

転勤 ストレス

転勤のストレスを最も感じるのは家族です。家族を第一に考えましょう。

  サラリーマンとして働いていると避けては通れないのが転勤です。近隣で異動する分にはまだ負担も少ないでしょうが、全国転勤となると、かかるストレスは異次元になります。   転勤のストレスについては家族が …

保湿ローション

全身に使える保湿ローションでおすすめ商品の紹介。病院で最も人気です。

肌の乾燥が心配になる季節になると、保湿ローションが必須です。   乾燥対策として、手荒れ用やら全身用のローションが色々な会社から販売されています。   寒くなると乾燥しがちですが、今は1年中、空調が効 …

家族で散歩

育児のイライラは夫が原因?子供ができたら考え方を父親モードに変えるべき。

結婚して子供を授かって、第一子が生まれたときは言葉にならず、小さい体で泣きわめく自分の子供は愛おしく言葉になりませんでした。 今はもう7歳になりそれらしいことを言い出しては私も時々叱られる感じです。( …

スマホ見ている人

スマホへの依存症は体に悪影響です。できる対策をするべき【ブルーライトカット】

スマホの依存症は多くの人が該当している可能性があります。 トイレに行くときもスマホ、ご飯を食べるときもスマホ、電車の中でもスマホというようにどこにいってもスマホが手放せない人が多いのが現状です。 スマ …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ