生活

赤ちゃんが抱っこを嫌がるとしても,父親がすぐに赤ちゃんを抱っこしなければいけない理由。

投稿日:2019-11-19 更新日:

 

父親が生まれてすぐの赤ちゃんを抱っこするとなると、もう大変です。

 

赤ちゃんは生まれたばかりだと病院に1週間くらい入院してから、奥さんと一緒に帰っています。その間、奥さんはおむつ替えや母乳をあげたり、抱っこしたりと赤ちゃんと触れ合う時間は比較できないくらいあります。

 

里帰り出産などしているケースだと、父親はもっと赤ちゃんに触れ合う時間は少ないので育児に積極的に取り組まないといけません。

 

奥さんは四六時中赤ちゃんと向き合っているため、慣れない育児なども含めて心に余裕がありません。

 

父親は仕事で忙しいかもしれませんが、できるだけ早く帰って奥さんのケアや少しずつ育児でもできることを増やしていく努力をする必要があります。

 

中でも早い段階から抱っこはするべきです。その理由は以下に記載していきます。

 

赤ちゃんが抱っこを嫌がるとしても抱っこは早いうちからするべき。

 

冒頭で書いた通り、母親は赤ちゃんと触れ合う時間が長いので赤ちゃんは自然と母親に慣れます。

 

問題は父親で、出だしから出遅れているので、母親と赤ちゃんが家に帰ってきたら何よりも赤ちゃんと触れ合う時間を確保しなければいけません。

 

始めのうちは赤ちゃんも誰か認識していないので泣きじゃくります。そりゃ知らない人に抱っこされたら不安になり泣きます。赤ちゃんが慣れるまでに時間がかかるケースもあり、父親は始めは抱っこしたがりますが、何回も泣かれるうちに匙を投げだす人がいます。

 

自分には無理だ、やっぱり母親がいんだよなどとそれっぽい理由をいいだし抱っこしなくなるのですが、これは本当にやってはいけません。赤ちゃんを見るのは母親のみがやるべきことではありません。

 

子供は2人で育てていくものです。そんな当たり前のことがわかっていない父親を母親が尊敬するでしょうか?

 

まずしませんね。育児の入り口はまずは赤ちゃんの抱っこです。出だしから奥さんに不信感を与えてしまっては旦那さんの存在感は?となります。

 

繰り返しになりますが、赤ちゃんの抱っこは育児の基本です。泣いたらまずは抱っこしてあやします。安心感を与えるのもそうですが、赤ちゃんは抱っこによって親の愛情を感じることが証明されています。

 

ここで1つ育児あるあるの話を紹介します。

 

育児にかかりっきりの奥さんにたまに息抜きをしてもらうために1人で外出して、旦那さんが赤ちゃんを見ているということは誰にでもあると思います。

 

そこで旦那さんが赤ちゃんの抱っこに慣れていない場合、赤ちゃんが泣きだしてもあやすことができずに混乱することになります。

 

奥さんが帰ってくるのを待つならまだしも、どうしようもないから帰ってきて!とせっかくの奥さんの息抜きの時間を奪ってしまう

 

という旦那さんがいるとよく聞きます。さすがに帰ってくるよう言わないまでも、次からは1人ではみないという無責任な旦那さんは意外と多いです。

 

このように、赤ちゃんの抱っこを早いうちからしておかないと、奥さんが育児から離れる時間を作ることが不可能になってしまいます。育児ノイローゼという言葉が生まれて久しいですが、もっと奥さんが育児にかかりっきりになってしまうことへの問題を深刻に捉えるべきです。

 

そして、日ごろから赤ちゃんを注意深く見るようにしておかないと、せっかくの息抜きをしてもらうのにも目を離して大きな事故につながることもあります。そうなると奥さんも息抜きはしたいけど旦那に任せられないから、となってしまいます。

 

父親としての自覚をもつためにも、赤ちゃんが生まれたらとにかく積極的に世話する気持ちが必要です。

 

言っておきますが、赤ちゃんが生まれたら飲み会なんて行っている場合じゃないです。奥さんの気持ちを考えれば普通は行けないと思いますが。

 

まとめ

 

以上、赤ちゃんの抱っこは早いうちから慣れるべき理由について書きました。育児の大変さが世の中の旦那さんたちにもっと広まりますように。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

保湿ローション

全身に使える保湿ローションでおすすめ商品の紹介。病院で最も人気です。

肌の乾燥が心配になる季節になると、保湿ローションが必須です。   乾燥対策として、手荒れ用やら全身用のローションが色々な会社から販売されています。   寒くなると乾燥しがちですが、今は1年中、空調が効 …

伝統芸能体験

【キッズ向け】伝統芸能体験を習わせた結果・・・

  今回はちょっと変わった子供の習い事の紹介になります。   その名も「キッズ伝統芸能体験」です!   名前の通り、子供に日本の伝統芸能の体験をしてもらおうというもので、東京都の「公益財団法人 東京都 …

悩み解決

保険の見直しをする際のポイントについて解説します。

保険を見直す際のポイントについてです。 保険を見直したい理由はなんでしょうか? ・保険料が高い ・保障内容に不満がある 保険に加入した経緯が、何となく入ったという人は保険見直した方がいいです。保険料も …

結婚生活

結婚生活の秘訣は「理解を示すこと」です。共感すれば概ねうまくいきます。

共感することは人間関係を構築する上で大切なことです。だれでも否定されるのは気持ちのいいものではないし、共感される方がストレスも少ないことがほとんどです。 ただ、わかっていても実際にできていないのが共感 …

1月 行事

1月の行事ってなに?意外と知らない意味について【2020年】

  2020年も始まり、新たな年を迎えるにあたり、暦シリーズをお送りします。   やはり日本に住んでいる限り、日本のことは少しでも知っておいた方がいいですからね。   そんな中で日本には暦という考えが …


30代のサラリーマンです。妻と息子1人。この年になり読書が楽しいと初めて思いました。好きなことで何かを生み出せるようにこれまでの生き方を全否定して2019年は過ごします。

もっと詳しく見る

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

にほんブログ村 ダイエットブログ 自己流ダイエットへ

ブログランキング・にほんブログ村へ